お店での作業など

CorelCAD 2020

2020年6月12日

最近は、1万円台でも買える3Dプリンターも

出て来ましたがデータを作る際の定番ソフトと

言ったらShadeなのでしょうか。

Macintosh版しか無い頃から使っていたのですが

このソフトメーカーも色々ありました。

Macintoshと言えばAdobe Illustrator、CSになって

から3Dモデリング機能と言うのが追加されましたが

以前は、単体でDimensionsと言うソフトが存在していたのですが、2017年に

CCでDimensionsがなぜか復活しました。

これを使って3D出力も出来ないこともないですがCAD系のソフトと比べると

精度的にどうなのかなと言う感じですが根本的にCCはサブスクリプション

なのですよね。

shadeもVer.17まではアップデートしていたのですが現在はこのソフトも

御家騒動?が有ってサブスクリプション化してしまいました。

AutoCADもサブスクリプション化されて永久ライセンス版で残るのは

CorelCAD 2020でしょうかこれも現在公式サイトではダウンロード版

のみのようですので、CorelDRAWと同じ様になってしまうのでしょうか。

-お店での作業など

© 2020 龍王堂店長ブログ