家紋に関して

都道府県別 姓氏家紋大事典

2021年7月9日

『都道府県別 姓氏家紋大事典』は2004年6月1日 柏書房より発刊された東日本編と西日本編の2冊の本です。
著者は『日本家紋総鑑』『探訪江戸明治名士の墓』の千鹿野 茂氏です。
この本は実際の墓石の拓本を元に作られていてその家紋を収集したお墓の所在から書かれています。
姓氏と家紋を結び付ける書き方になっていますが、明治以前に姓を名乗っていた家系の人にはその出自を確認出来る可能性も有りますが、家系図の残っている家柄の家でないとその確認は難しいと思います。
掲載家紋は25,000種と言われているので、この本が最も収録家紋数が多い本だと思われます。

-家紋に関して

© 2021 龍王堂店長ブログ