家紋に関して

標準紋帖

2021年3月12日

『標準紋帳』の存在は、『紋帖による紋の違い』により知ることになりますが、その紋帳では、標準紋帖 昭和60年3月15日を使い違いを検証していますが、その紋帳の印刷方法、製本方法に関しては、今のところ入手閲覧しておりませんので不明です。
写真の物は平成元年10月1日 第54版の物で平成に入って最初に発行された物です。
手書き版下、一部タイプ版下の写真製版オフセット印刷のようです。
この時代は、既に写植電算写植への移行期なのですが、歴史を感じますね。
製本は和紙に片面印刷され、和綴じ製本の帳合いなのですが無線綴じの一種網代綴じで仕上げられています。
『標準紋帳』の初版は1953年(昭和28年)3月20日となっています。

-家紋に関して

© 2021 龍王堂店長ブログ