家紋に関して

広益紋帳大全

写本ではなく印刷された家紋集なら広益紋帳大全です。
明治、大正期に出版された物で活版印刷の技術が使われてはいますが、フォント、活字と言う物は、まだ確立していないようです。
国立国会図書館デジタルコレクションでは明治24年6月版と大正7年10月版が閲覧可能です。
図形の割り付け方法などが書かれていますが、まだまだ幾何学模様以外は統一された、形ではなく動植物の家紋に関しては上絵師による力量の差が出ていたのではないかと思われます。
また、家紋の名称なども統一された物では無く年代や場所による呼び名で現代の物とは違うことが多いですが、この本によりその違いを知ることも出来ます。

-家紋に関して

© 2021 龍王堂店長ブログ